親バレしない学生キャッシング

お金を借りたいと考える学生の多くは、「親バレしてしまうのでは。。。」と心配していると思います。

 

キャッシングした事が親にバレてしまうと、お金の使い道のことを聞かれたり、強制的にカードを解約させられてしまう危険性があるからです。

 

誰にもバレずに学生でもキャッシングするには、

 

 1.インターネットから申込むこと
 2.カードは自動契約機て受け取ること
 3.毎月の返済は確実にこなすこと

 

という3つの点が重要になります。

 

 

まず、郵送や電話によるキャッシングの申込みでは、自宅への郵送物で親バレする可能性があります。

 

申込書や業者からの案内が郵送されないようにするには、インターネットで申し込まないといけません。

 

 

また、発行されるローンのカードは、自分から受取に行かないといけません。

 

自宅に郵送されるのを待つこともできませんので、自動契約機での発行を受けるようにしてください。

 

ただし、銀行カードローンの多くは、自動契約機が用意されていません。

 

銀行からサービスを選ぶ場合は、バンクイックやレイクのような「自動契約機がある」銀行カードローンを選ぶようにしましょう。

 

そして、親バレしないために最も重要なことですが、毎月の返済は確実にこなしてください。

 

返済が遅れてしまうと、自宅に請求書が届いたりしますので、無理のない範囲での利用がとても重要になります。

 

これらの点に注意すれば、学生でも親バレなしで申込めますので、自分に合ったカードローンを選んでみてはいかがでしょうか。

学生がお金を借りるときの身分証について

キャッシングでは、身分証のことを「本人確認書類」といい、本人の名前や住所を確認するために必要になります。

 

学生証に名前や住所が記載されていることもありますが、公的な書類ではありませんので、キャッシングの申込みに利用できないものです。

 

本人確認書類として利用できるのは、

 

 ・運転免許証
 ・健康保険証

 

などですが、これらの書類が用意できない場合は「住民票(住民基本台帳カード)」が利用できます。

 

学生証ではなく、運転免許証や健康保険証、住民票などを用意して申し込むようにしてください。

 

他にも詳しく学生が借りるために必要なことはコチラのサイトに載っています。
学生でも借りれるカードローン※家族にバレずにやり繰りしたい方へ

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

更新履歴